得する喜び、損する辛さ

不動産投資は、諸経費を考えた場合、売買の回数をできるだけ減らし、ひとつの物件を長く保有するというのが鉄則です。

不動産は、株式投資と比べて売買時の仲介手数料やさまざまな諸経費が必要だからです。
しかし、投資活動が長くなると、不動産をいったん売却したほうがいいというときもあるかと思います。
その場合、買った値段に対して数百万の赤字が出るようなときには、損を出してまで売りたくないと思うのが人情というもの。

こんなときこそ熟考が必要です。

とにかく損をしたくないと必要以上に思うのは、「人間は同額の利益から得る満足より、損失から受ける苦痛のほうが大きい」(ノーベル経済学賞受賞のダニエル・カーネマン教授の言葉)からだそうです。
確かに、100万円の利益を得たときより、100万円を損失した方が打撃は大きそうですね。

リーマン・ショック後の世界金融恐慌では、日本の不動産市況も冷え込み、その会社の株価も見る見るうちに下がっていきました。
経営破綻の噂も市場に飛び交うようになったとき、その会社の株を売却し、大きな損を確定することができるかどうか。
長い間保有し、愛着もあればなおさらです。

ではどういう風に考えたら良いか。

「今の状況や事実を知ったうえでも、この物件に、この金額でもう一度投資するだろうか」
その結果、明らかに投資しないという判断が導き出されるならば、売却した方がいい結果をもたらすことができるのではないかと思います。

もちろん、損切できる体力がなければなりませんが。

人は当然、損をしたくない。でも売るべきかどうかを迷うときもあるでしょう。
そのとき「損を確定させたくなという気持ちが強いから売れないのではないか。現在の状況で新たに買う気があるか」ということを自問してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です